Whistler™

リアルタイムアラートフィード

VDOOのサイバーセキュリティのノウハウは、デバイスへの影響が懸念される新たな脅威が検出されると、自動プッシュアラートとインテリジェンスのアップデートを各セキュリティ管理システムへのフィード形式でリアルタイムで提供するために活用されます。多くの場合、アラートに続いて、デバイスまたはデバイスが属するネットワークのリスク低減指示が表示されます。これにより、積極的に適切なセキュリティ対策を講じてリスクを低減し、今後の不正利用に対して安全を確保できるようになります。

脅威は常に進化しており、最大限のセキュリティが確保されていると見なされるデバイスやネットワークにも影響を及ぼすおそれがあります。これは、あらゆるサイバーセキュリティ空間、特に攻撃者がIoTエコシステムの持つ大きな可能性を認識し、そのために新たな脆弱性と攻撃方法を模索するようなIoTサイバーセキュリティ空間に言えることです。デバイス及びその接続先のネットワークを保護するためには、最新の脅威から目を離さないことが何より重要です。Whistler™は、常に攻撃者の一歩先を進めるように、新たな脆弱性が検出されると直ちにアラートを送信します

1_

自動化された分析

Whistler™はファームウェアバイナリの分析に基づき個々のデバイスに合わせて修整されます。
2_

デバイスのプロファイル生成

Whistler™は、デバイスとデバイスがさらされる脅威に基づいた固有のアラートプロファイルを生成します
3_

リアルタイムプッシュアラート

Whistler™は、新たな脅威が発見されると、直ちにデバイスのプロファイルに関連したアラートを送信します。
4_

リスク低減ガイドの手順

Whistler™は、アラートのフィードを提供するだけでなく、必須の詳細リスク低減ガイドも提供します。

主な機能

常に更新
IoTデバイスに関連する最新のセキュリティアップデートで、常に最新情報を入手します
デバイス中心
ノイズレスアラートを受信して、新たに検出された脆弱性など、IoTデバイスに影響を及ぼす脅威のみを発見します
リスク低減ガイド
即時に送信されるアラートにより、デバイス固有の段階的なリスク低減ガイドにより、デバイスへの迅速なパッチ適用が可能です
一歩先を行く
奇襲を受けて慌てないように、デバイスに影響を及ぼす脅威を認識し、脅威が出現した際にリスクを低減します
迅速な改善
リアルタイムのアラートとアップデートにより、ネットワークを保護するための事前対策を講じることができます
WHISTLER™リアルタイムアラートデータシート
リアルタイムのセキュリティアップデートとアラートに関するVDOOのソリューションが説明されています