企業・事業者に対応するVDOO

IoTセキュリティを制御 − 事業継続性を保護するために、新しいデバイスを安全に実装し、既存のデバイスの脅威に対処します。

接続デバイスは生活の至るところに存在し、ビジネスのはぼあらゆる側面に影響を及ぼしています。この一大改革は、リアルタイムデータに基づく効率性と生産性に大きなメリットがあります。とは言え、すべてのメリットがある中で、接続デバイスがネットワークに及ぼすリスクにも焦点を合わせる必要があります。 大抵の場合、IoTデバイス製造業者がセキュリティの向上を実現する役割を担いますが、 デバイスを配備するためにすべきことも多数あります。VDOOはセキュリティ制御をユーザーに委ね、最もビジネスに不可欠な資産を保護し、セキュリティの所有権をIT限定からIT及びIoTに拡大します。

Vision™
自律的なセキュリティの分析とリスク低減

IoTデバイスがユーザーの組織に及ぼすリスクを、属性に基づいて分析します。購入前のセキュリティ評価及び購入後のリスク低減とセキュリティ強化の目的に適しています。

ERA™
オンデバイスのランタイムエージェント保護

ゼロデイ脆弱性を含むデバイス特有の既知及び未知の脅威を検出・防止します。デバイス製造業者との共同作業により、ERAの本質的なランタイムセキュリティが実現します。

Whistler™
IoT資産に適合したリアルタイムのアラートフィード

ネットワークに影響を及ぼす新たな脆弱性が見つかると、プッシュアラートと更新プログラムが送信されるため、攻撃を受ける前にセキュリティ強化アクションを実行できます。

Additional Offerings

当プラットフォームの拡張機能として、組み込みシステム内のVDOOの専門的かつ膨大なノウハウは、侵入テストにおける組織の特定のニーズ、新旧のIoTデバイスに対するリスク評価、IoTインシデント対応に活用することができます。一流のセキュリティ専門家が必要な際は、いつでも

当社までご連絡ください。

稼働中のVDOOのエンドツーエンドのIoTセキュリティプラットフォームをご覧ください