ERA™

組み込みランタイムエージェント保護

ゼロデイの脆弱性を含む未知の脅威、また既知の脅威に対する多層防御ソリューションであり、デバイスの機能や性能に顕著な影響を及ぼすことなく、それぞれのデバイスにあったエージェントを自動生成します。

IoTデバイス専用に練り上げられた様々なマルウェアのサンプルと種類は、IoT に大きなチャンスがあるという攻撃者の認識を反映しています。新たな脅威が今後も次々と出現することを踏まえて、オンデマンドのリスク低減機能を得ることによる、IoTデバイス保護のためのエージェントソリューションが不可欠となります。

1_

デバイス検査

デバイスのファームウェアのバイナリは、デバイスがさらされている脅威を対象として分析されています。
2_

自動生成

ERA™は、デバイスの属性、特定の脅威、リソースに基づいて自動的に生成されます
3_

オンデバイスのインストール

ERA™は、性能や機能に顕著な影響を及ぼすことなくIoTデバイス上にインストールされます。
4_

ランタイム保護

ERA™は、アラート/防止モードで既知及び未知の脅威に対する保護を提供します。

主な機能

不可欠な多層保護
オンデバイスのランタイムでの不正利用、マルウェアの実行、広範な既知及び未知の脅威に対するネットワーク保護
具体的で、拡張可能
デバイスがさらされる固有の脅威に基づいて、自動的にエージェントが生成される
軽量シグネチャー
CPU、ストレージ、メモリの付帯的な使用はありません
運用モード
攻撃が実行された時のエージェントの対処方法を、アラート通知、防止、動作モードの学習から選択できます。
調整可能なポリシー
デバイスの運用者のニーズと好みに応じたきめ細やかなポリシー設定
ERA™ IOTエージェントデータシート
VDOOの組み込みランタイムエージェントの綿密な技術説明
新しいERA™へようこそ
オンデバイスのランタイム保護によるIoTのセキュリティ確保